たるみ サプリ

腹や顔の皮たるみは急激なダイエットが原因になる

 

ダイエットを成功させたらお腹や顔の皮のたるみが気になってしまうことがありますが、これは急激なダイエットをしたことで現れます。しっかりと時間をかけてダイエットすることによってたるみが出来ないので、皮たるみの予防法についてしっかりと把握しておくといいでしょう。

 

ダイエットをすれば必ずしも皮たるみが出てくるのかといえばそういうことではなく、皮がたるまない方法もあります。ダイエットが成功したとしても、皮たるみが出来てしまうとどうしてもショックが大きいと思いますので、原因なども理解していてください。では早速ですが原因について説明します。

 

ダイエットの皮たるみの原因についてですが、テレビなどで何十キロ痩せたなんて特集があるかもしれませんが、こういった急激なダイエットをした方というのは皮がたるんでいると思います。痩せたということはうらやましいですが、あのたるみを見ると少し躊躇してしまうところがあるでしょう。そして太っている時期が長ければ長い程、皮が伸びてしまうということになります。

 

そうならないようにダイエットの皮たるみの対策はどういったことがあるのかというと、急激なダイエットをしないようにするということです。もちろんダイエットをするのでしたらすぐに結果を出したいと思いますが、すぐに痩せてしまうと皮がたれてしまいますので、ゆっくり痩せることを考えるようにしましょう。そうすれば皮膚もターンオーバーによって少しずつフィットしていくでしょう。

 

老け顔の原因になるまぶたのたるみ

 

加齢によってまぶたのたるみが出てきますが、目じりのまぶたがたるんできて目を覆うようになると改善するのが非常に難しいと思いますし、当然ながら老け顔の原因になってしまいます。ですので早めに老け顔を改善出来るように対策をすることをオススメします。

 

まぶたのたるみを改善する方法として色々とありますが、推奨したいのはツボ押しマッサージとなります。簡単に出来るので気付いた時にやってみてください。また前提として力を入れないということが非常に重要になりますのでそこは注意しておくようにし、また疲れ目にも効果がありますので、目が疲れいているという方もぜひやってみてはいかがでしょうか。

 

まぶたがたるむ理由というのは加齢によるものが多く、年齢を重ねるとどうしても肌の状態が悪くなってしまいますし、筋肉も衰えてしまいます。ただまぶたがたるむ原因というのは加齢だけではなく、現代はパソコンやスマホの普及によって無表情になることで筋肉が使われないのも原因になります。普段から意識すればたるみも改善されますので、意識して筋肉を動かすということは重要になるでしょう。さらに目を休ませるということも大切なことになりますので覚えていてください。

 

たるみというのは放置すれば次第に進行していきますが、ケアをすることによって改善することは可能になります。たるみが出来る部位の筋肉を鍛えることで改善していくので、意識して鍛えることをオススメします。

 

むくみが顔のたるみを引き起こしている

 

むくみというのは空調の効いた部屋で長時間過ごしたり、水分の過剰摂取、過剰飲酒などが原因で引き起こされますが、体内の水分が排出されずに老廃物となり、表面にあらわれるむくみに関しては代謝が正常に行われていないことであり、時間の経過によってむくみが改善したと思っても老廃物として蓄積されます。それで年齢を重ねれば顔のたるみにつながってしまいますので気をつけておきましょう。

 

ですがこの事実というのは実際にはあまり知られていません。調査によって顔のむくみを経験したことがある方は7割いたのにも関わらず、むくみケアをしているのは3割程度という結果が出ています。基本的にそのまま過ごして治まるのを待つということが多く、またケア方法としてはマッサージだったり、冷やしたりなどの答えがありました。

 

そして本題ですが、むくみを放置するとたるみに移行されることを知っていた方はどのくらいいるのかというと、知っていた方は1割程度で、9割が知らなかったという回答をしています。基本的に多くの方がむくみは放置すれば改善すると思っているということですが、確かに見た目はそうなるかもしれないのですが、実は老廃物はそのままでたるみになってしまうということを覚えておくといいでしょう。

 

ではそもそもむくみが出来る原因にはどういったものがあるのかというと、塩分の過剰摂取、水分の過剰摂取、アルコールの過剰摂取、運動不足、筋力低下、冷え性、体温調節ができない、睡眠不足がありますので、これらを意識した生活をすることでむくみの予防になるでしょう。

 

たるみなどはメイクでカバーすることが可能

 

起床時に鏡をみて疲れているとテンションが下がってしまい、どうしていいか分からないという方は多くいらっしゃると思います。手入れする時間もなく、そのままの顔で出社した経験がある方も多いかもしれませんが、時間がない場合はメイクによって顔をカバーすることが可能になります。

 

その前にまず自分の疲れ顔の状態を知るということが重要になりますが、鏡をみて疲れていると感じた場合、どうして疲れ顔になってしまうのかを知るということが重要であり、疲れ顔といってもタイプが異なり、例えば顔が重力に負けるたるみ疲れ顔、老けた印象に見えるやつれ疲れ顔、顔がぱんぱんに見えるむくみ疲れ顔などがあります。この状態をしっかりと把握した上で、どういったメイクをすればいいかを考えるようにしてください。

 

ではそれぞれの疲れ顔にあったメイクを紹介しますが、まずたるみ疲れ顔であれば顔全体を引き上げて見えるようにメイクをすることがポイントになり、メイク前に軽くマッサージをするといいでしょう。次にやつれ疲れ顔の場合は顔をふっくらと見せることがポイントであり、色をつかってふっくらと見せるようなメイクをするといいでしょう。そしてむくみ疲れ顔であればメリハリが出るメイクをするということがポイントであり、これもたるみ疲れ顔同様にメイク前にマッサージをすることによってすっきりとすることが可能になります。
もちろんこれはあくまで応急処置となっていますので、時間がある時に根本から解決するようなケアをすることが最も重要になります。

 

紫外線が肌を老化させてしまう

 

紫外線がシミの原因であるということは、美容を気にしている方は知っていると思いますし、対策をしている人も多くなっています。ですが実は紫外線というのはシミだけではなく、光老化というシワやたるみの原因になるということも分かってきており、紫外線を浴びたかどうかによって肌の状態が左右されるといってもいいでしょう。

 

この光老化というのはどういったものなのかについて説明しますが、紫外線に対する防御反応として皮膚は厚くなり、色も濃くなっていき、それがシミになってしまいます。そもそも光老化によって、真皮意ある弾性繊維が破壊されることによって皮膚の張りがなくなってしまい加齢によってこの変化は起こらないのですが、紫外線によって起こることでたるみが出てきてしまうということになります。つまり簡単に言えば、コラーゲンといった肌の弾力と水分を維持するものが破壊されることでたるみやシワになり、この7割が光老化が原因となっています。また活性酸素も発生させることによって美容に対する悪影響が促進するということを覚えておくといいでしょう。

 

では予防としてどういったものがあるのかというと、もちろん紫外線対策をするということが最も重要になります。日焼け止めを塗ったり、サングラスをつけたり、帽子やアームカバーなど、とにかく出来るだけ紫外線をカットするということを意識してください。また室内にいても紫外線はありますので、室内でも紫外線を受けないような対策をするということが重要になりますので、覚えておきましょう。